電話占いを使う理由は?:対面の占いはしたくない

HOME » 電話占い基礎知識 » 電話占いを使う理由は?:対面の占いはしたくない

電話占いを使う理由は?:対面の占いはしたくない

電話占いは、対面する必要がありません。
大人数でワイワイと占いをするときは対面で占ってもらった方が楽しいかと思いますが、自分1人で店に行って占ってもらうとなると…実はハードルが高いのではないでしょうか。
店に入っていく姿を他人に見られたくない、という心理もありますし、人見知りでシャイな人は必要以上に緊張してしまうことがあるようです。
顔を見せないからこそ何でも話せるのが、電話占いを選ぶダントツの理由だといいます。

罪悪感を含んだ相談、プライバシーにかかわる相談など、親しいからこそ知人にできない相談もありますよね。
例えば不倫、略奪愛などうしろ暗い恋愛をしているときは誰にも相談ができません。
そんなとき、顔を見られないことで自分が誰かわからない=プライバシーが守られる、と感じられるのです。
リラックスして、普段よりセキララに話できるとも言われています。

対面占いの場合、お目当ての占い師がいても、場所が遠かったり、店の営業時間が過ぎていたりとなかなか好きなときにいくことができません。
電話占いだと、深夜の時間でも空いている24時間営業のサイトがあります。
わざわざ会いにいかずとも、電話を通して、憧れの有名先生とも気軽に話せるのです。
基本、全国どこから電話してだいじょうぶです。
値段も、1分○○○円からといったように明確で、対面式より若干安い料金になっています。

人目を気にせず、周りの誰にも聞かれることなく、深刻な相談ができる電話占いは、いつも多岐な選択肢に惑わされて悩んでいる現代人にとって、気軽にできる占いとして、今日まで親しまれているのです。
1人で心細く眠れない夜を過ごす人にとっても、救世主のような存在であるようです。