電話占いの際つい長電話しがちな人は気をつけて

HOME » 電話占い基礎知識 » 電話占いの際つい長電話しがちな人は気をつけて

電話占いの際つい長電話しがちな人は気をつけて

わざわざ出向かずとも、好きな時間、好きな場所でできる電話占いですが、利用の仕方には十分注意を払ってください。
最近ではフリーダイヤルと宣伝しているところが多くなってきています。
その際は、鑑定中の時間もフリーダイヤルなのか、ぜひチェックしてください。
また、こちらからかけると金額がかかるといって、巧みに住んでいるところや名前、メールアドレスなどを聞き出そうとするところもあります。
個人情報を知られると、今後直接勧誘のメールなどが送られてくる可能性があります。

電話占いのメリットは顔が見えないところにあり、比較的つっこんだところまで話をしてしまいがちで、長電話になる傾向があります。
夜型の仕事だったり、1人暮らしでなかなか人と話す機会がない人は、話を聞いてもらえるだけで嬉しいということが多いです。
自分の不安を和らげてくれる存在がいるのは、大きな安心につながるとは思いますが、鑑定士は友達ではありません。
厳しいことをいうのですが、お金の関係でもあるのです。
自分の都合のよいアドバイスを言ってほしいがために、粘るようなことはしない方がよいでしょう。

また、24時間制なので好きなときにかけられるのは大きなメリットですが、睡眠時間を削ってまで長電話をするのはナンセンスです。
電話占いの料金体系は、従量課金制、一定料金制であることが多く、1分○○○円の世界ですので、話せば話すほどどんどん課金されていくことになります。
気がついたらこんなに時間が経っていた!と青ざめる前に、あらかじめ相談内容を絞っておく必要があります。
時間ごとに料金が発生していることを常に頭のなかに入れておきたいものです。