電話占いの料金体系

HOME » 電話占い基礎知識 » 電話占いの料金体系

電話占いの料金体系

対面式の占いとは違って、「電話占い」は、家のなかでリラックスしながら占ってもらえるので、昔から人気がありました。
慢性的にストレスを抱え将来への不安がある現代人にとっては、さらにニーズが高まってきているようです。
いざ電話占いをしてもらう際に、気になるのは利用料金ではないでしょうか。
運営サイトによってそれぞれ体系は違い、また所属している鑑定士によっても違いがあるようです。

1分単位の従量課金制は、その名の通り、1分で○○○円とあらかじめ決まっています。
鑑定をいつ終わらせても無駄になることがありません。
例えば1分200円だったら、30分で6000円といった具合です。
だったら、3分で600円の鑑定はできるのか、といった疑問も浮かんでくるかもしれませんが、だいたい最低鑑定時間(10分〜)というのが決まっています。
1分150円から500円が平均的ですので、電話占いを利用するときは、○千円単位の料金という認識を持っていた方がよいと思います。

一定料金制というのもあります。
あらかじめ30分5000円といったように最低鑑定時間と料金が決まっており、延長すると1分ごとに課金されていくというシステムです。
1分の単位が、従量課金制よりも安いのが特徴です。
悩みが深刻で、しっかりと鑑定してもらいたい人におすすめのコースです。
人気のある占い師は、通常よりも高い料金設定になっていたり、反対に見習い占い師は通常よりも安くなっていることが多いそうです。

相談内容や占い方法にかかわらず、時間によって料金が決まっているのはとても利用しやすいですね。
ただ、自分自身で管理をしなければ大変なことになりますので、あらかじめ今日はここまでという時間の制限を決めておくのがよいと思います。